メニュー

社員紹介STAFF

磯村の森を守る社員を紹介します。

2008年入社Aさん

業務内容:作業の計画・管理等

仕事のやりがい

林業自体が他の産業に比べて長いスパンで取り組む必要があるが、自分が働き始める10年ほど前まで同じ会社で祖父が働いていたこともあり、世代を超えて同じ森林の育成に携わっているということ。

会社が創業100年以上の歴史があるということもあり、樹齢100年を超える木を伐る機会があること。倒れた時の地響きには感動する。

場合によって、神社・仏閣や公共建築物など使用先がことがわかるものがあるので、自分達が伐った木が使われていると思うと誇らしい。

仕事で嬉しかったこと

樹高40m近い大木を思った通りに倒すことができたとき。

失敗したこと

逆に思った通りに倒れなかった時に幹が割れてしまったとき。材が売れないというだけでなく危険が伴うので注意が必要。

今後の目標

自分も同じように次の世代に豊かな森林を引き継いでいけるようにしたい

2013年入社Bさん

業務内容:伐採

仕事のやりがい

間伐で仕上がった現場を見たとき

仕事で嬉しかったこと

道の開設できれいにできたとき

失敗したこと

伐木の方向が少しずれたとき

今後の目標

もっと早く安全に仕事をこないしたい

2014年入社Cさん

業務内容:素材生産、育林、作業道整備

仕事のやりがい

体を動かす仕事なので大変なこともありますが達成感もあります。

仕事で嬉しかったこと

大径木を倒したとき、自分の思っている方向に倒れたとき。

失敗したこと

作業道を作る際、路肩の転圧不足で道が沈んでしまったこと。

今後の目標

安全第一で素材生産量を増やしたいです

ひと言

自然とかかわる仕事なので大変なこともありますが、それ以上にやりがいのある仕事だと思います。

2015年入社Dさん

今後の目標

林業の技術だけでなく幅広く仕事の内容ができるように勉強に行き自身を成長していきたいと思っています。

ひと言

「伐倒しまーす」「はい、退避しました」と無線でやり取りを行うと静かな森の中からチェーンソーのエンジン音が響き始める。少しすると地響きと共に20~30mほどの杉や桧が倒れる。

アウトドアが好きで興味が湧き、始めた林業でしたが自然の中で働き始めて5年目に入りました。
現場から戻ると今日はカモシカに会った、あの山に珍しい木があったと職員間の会話がとても楽しく、また勉強になることが多くあり日々楽しく過ごしています。

2015年入社Eさん

仕事で嬉しかったこと

山を歩き回り疲れるけど木が思い通り伐倒できた時は気分よくご飯が食べられます。

ひと言

ケガの無いよう安全第一で日々山に入っています。
高性能林業機械も充実してきて作業が楽になったところもあるが重機の操作に気を遣い、周りをよく見て作業しないと大事故になりやすいので注意しています。

2015年入社T.Y

業務内容:業務全般、3か月先の業務

仕事のやりがい

ひとつの現場が終わりに近づいたとき

今後の目標

明るく元気よく1日1日を大切にをモットーに安全・効率的に

ひと言

100年の木はすばらしい